サミーが「JANQアプリ」配信開始、雀球の認知拡大目的に

screenshot1サミーは2月3日、バタフライ社が運営するパチンコ・パチスロ総合ポータルサービス「モバ7」で新サービス「JANQアプリ」の配信を開始することを発表した。雀球の認知拡大が目的。配信は2月10日から。

「JANQアプリ」は、考えて、狙って、打つという雀球の基本的な要素をコンセプトにし、球の打ち出しと共に、駆け引きや技量が問われるシンプルで誰もが楽しめる遊技性だ。

そのアプリ第一弾となる「CountUp21」は、球で数字を狙い打ち、3枚の数字が合計15以上、またはゾロ目になると入賞し、合計21で大当り。「ビタ打ち」が勝利のカギとなるなど、シンプルながら、駆け引きや技術が必要なゲーム性になっている。

JANQサイト:http://www.sammy.co.jp/japanese/janq/

公式サイト:http://www.sammy.co.jp/japanese/product/janq/CountUp21_app/

copyright

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.