ネパールの大震災で大阪福祉防犯協会が100万円の義援金

2015_______ 012大阪福祉防犯協会(高智茂会長)は5月25日、社会福祉法人「読売光と愛の事業団」に、ネパールのカトマンズ近郊で発生した地震による被害の救援・復興を支援するため、義援金100万円の寄託を行った。
 
4月25日に発生したマグニチュード7.8の大地震は首都カトマンズの北西、ガンダキ県ゴルカ郡サウラパニにおいて建物の倒壊や雪崩、土砂災害など甚大な被害をもたらした。その後の余震では、さらに76名の命が奪われるなど、5月15日現在まで死者は8,460人に、負傷者は2万人以上に達している。
 
現在まで首都カトマンズの市民生活は正常に戻りつつあるものの、これから迎える雨期により、土砂崩れの恐れがある山間部の村では、二次災害への備えが急務となっている。
 
大阪福祉防犯協会ではこうした現地の状況を考慮し、5月22日に行われた理事会において、急遽、今回の義援金の寄託を決定した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.