ネパールの大震災で大阪福祉防犯協会が100万円の義援金

2015_______ 012大阪福祉防犯協会(高智茂会長)は5月25日、社会福祉法人「読売光と愛の事業団」に、ネパールのカトマンズ近郊で発生した地震による被害の救援・復興を支援するため、義援金100万円の寄託を行った。
 
4月25日に発生したマグニチュード7.8の大地震は首都カトマンズの北西、ガンダキ県ゴルカ郡サウラパニにおいて建物の倒壊や雪崩、土砂災害など甚大な被害をもたらした。その後の余震では、さらに76名の命が奪われるなど、5月15日現在まで死者は8,460人に、負傷者は2万人以上に達している。
 
現在まで首都カトマンズの市民生活は正常に戻りつつあるものの、これから迎える雨期により、土砂崩れの恐れがある山間部の村では、二次災害への備えが急務となっている。
 
大阪福祉防犯協会ではこうした現地の状況を考慮し、5月22日に行われた理事会において、急遽、今回の義援金の寄託を決定した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.