大手カジノ事業者が都内で会見、日本進出をあらためて表明

img_8734マカオやマニラなど世界各国でカジノ施設を運営するメルコ・クラウン・エンターテインメントは2月22日、都内のホテルで会見し、日本進出をあらためて表明するとともに、カジノ施設の青写真を披露するなどした。また、現在日本国内で議論が高まっている依存対策についても言及。世界各国で実施している自社の取り組みについて紹介した。

会見でローレンス・ホー会長兼最高経営責任者は依存対策について、「我々は以前から、社会的セーフガードに関して業界内でリーダーシップを発揮し、高水準のコーポレート・ガバナンスと社会的責任を実現してきた。顧客や従業員を守る教育を実施し、自己申告プログラムも備えている。社会に対するレスポンシブル・ゲーミング(=責任あるゲーミングの提供)を推進するため、こうした問題を専門に扱う社内の調査委員会が、各国政府および専門機関と緊密に連携して協働している」と説明。依存対策について、経験とノウハウを有している点を強調した。

一方、投資エリアについては、あくまでも自治体との協力体制構築を前提としながらも、大阪に対して興味を抱いていることを明らかにし、投資額に上限を設けない意向を語るなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.