大阪福祉防犯協会が西日本豪雨災害の被害に100万円の義援金

大阪福祉防犯義援金寄付大阪福祉防犯協会(高智茂会長)は7月13日、大阪市北区の読売新聞大阪本社内にある社会福祉法人「読売光と愛の事業団」を訪れ、甚大な被害をもたらした西日本豪雨災害に対する救援・復興を支援するため、100万円の義援金を寄託した。
 
7月12日の警察庁発表では、今回の犠牲者は14府県、200人に上り、未だ広島、岡山両県を中心に安否不明者が多数いるとみられている。また、約7,000人が避難を余儀なくされ、さらに土砂崩れや河川氾濫の被害を受けた地域では、ライフライン・インフラ復旧が進まず、生活再建のめどは立っていない状況だ。
 
大阪福祉防犯協会ではこうした現状を考慮し、7月12日に開催した理事会で急遽、今回の義援金の寄託を決定した。同協会は、これまでも2004年「新潟中越地震」、同「台風23号」、2005年「スマトラ沖地震」、2011年「東日本大震災」、2015年「ネパール地震」、2016年「熊本地震」など、国内外の災害に対し、迅速な救援・復興のサポートを実施。今後も会員ホールに設置している「草の根募金箱」を通じて、パチンコ・スロットファンにご理解を求め、温かい支援を募っていく、としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.