女流名人戦の冠名、「ユニバーサル杯」から「岡田美術館杯」に

女流名人2ユニバーサルエンターテインメントが長年特別協賛している「第41期ユニバーサル杯女流名人戦」(主催・報知新聞社、公益社団法人日本将棋連盟)の就位式が3月19日、都内港区の明治記念館で開催された。

就位式には、前人未到の6連覇を果たした里見香奈女流名人(写真=前列中央)のほか、報知新聞社の早川正社長、日本将棋連盟の谷川浩司会長ら多数の関係者が参列。その後場を移して行われた祝賀パーティーには、多くの女流棋士に加え、特別ゲストとして、将棋ファンで知られるアイドルグループ「乃木坂46」の伊藤かりんさんも出席し、里見女流名人の戴冠を祝した。

里見女流名人は、関係者らに謝意を述べた後、「対局は長い休場明けということもあり、不安もあったが、楽しみにもしていた。辛い時もあったが、周りの方々に気を配って頂き、おかげで盤上に集中することができた。来年もこの場に立てるよう変化していきたい。そんな姿をお見せできれば、と強く思っている」と7連覇に向けた抱負を語った。

また当日は、第42期目となる来期から女流名人戦の冠名が「岡田美術館杯女流名人戦」に変更されることが発表された。岡田美術館は、箱根の小涌谷でユニバーサルエンターテインメントが運営する美術館。同社の取締役会長である岡田和生氏が蒐集した日本・東洋の陶磁器や絵画など常時約350点が展示されている。

来賓として出席した岡田美術館の小林忠館長は、女流名人戦の冠名になることについて、「美術館と将棋は、文化を継承するという理念で共通している。女流名人戦に新たな風を吹き込み、将棋界の発展に少しでも寄与できれば」と挨拶した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

1月のホール企業採用熱、5カ月ぶりに平均値を下回る

2020/2/17

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年2月号

主な記事:

旧規則機撤去後を見据えた動きも徐々に活発化
大型連休になった年末年始商戦 PSともに今年も稼動が続落

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.