尾立氏、健闘するも力及ばず

おだち氏7月21日に投開票が行われた参議院選挙の比例代表で、自民党公認候補として立候補した尾立源幸氏が落選した。改選定数50を争う比例代表で自民党は19議席を獲得したなか、尾立氏は9万票余りを獲得したものの及ばなかった。

都内千代田区のおだち源幸後援会東京事務所で尾立氏は、支援者らを前に「私の力不足で皆様の期待に応えることができず、本当に申し訳なかった」と語った。

尾立氏を擁立した自民党の二階俊博幹事長は今年1月、パチンコ・パチスロ産業21世紀会を構成する業界14団体に同氏の推薦を求める文書を送付。これを受け業界では、有志で「おだち源幸遊技産業後援会」を立ち上げるなどして、パチンコ業界の族議員になることを宣言した尾立氏とともに選挙活動を展開していた。

「おだち源幸遊技産業後援会」の後援会長を務める全日遊連の阿部恭久理事長は、今回の結果を受け、「手応えがなかったわけではないが、結果的には業界内で危機感の共有ができなかったということに尽きるのではないか。今後のことについてはまだ何も考えていないが、せっかく政治連盟を作ったのだから、そこを中心に動いていくことは当然必要だと思う」と述べるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.