第13回P能検表彰式エンタテインメントビジネス総合研究所は1月30日、都内上野のエース電研研修室で「パチンコ店舗管理者実務能力検定試験」(P能検)の成績優秀者・企業表彰式を開催した。P能検は、業界知識や一般常識、計数管理、顧客サービス、マーケティング、経営マネージメント、労務管理の全7科目から100問を出題し、その合計点数を競う能力検定試験。平成18年のスタートから13回目を数え、今回は全国の業界関係者460名が受験した。
 
主催者を代表して挨拶したエンビズ総研の藤田宏社長は「店舗管理者に求められる知識は、業界環境が変化するなかで高度化している。幅広い知識を得るための学習の機会と参加企業の業績向上に貢献できるように、これからも内容を充実させていきたい」と語った。
 
続いて行われた表彰式では、受験者の平均点が73.6点だった大阪府の不二興業が企業部門の第1位となったほか、個人部門でも同社営業部営業課の塩穴泰雄課長が第1位になった。塩穴課長は、「当社から40名が初参加したが、出題された問題は非常に意味のあるものだった。次回もさらなる知識の向上を目指して参加したい」と述べた。企業部門2位は73.4点のスタートラクト(東京)、第3位は69.2点のプライムコーポレーション(神奈川)。
 
次回の第14回P能検は、9月1日から10月31日までの期間に開催される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.