機構が「遊技機性能調査の開始について」リリース

遊技産業健全化推進機構は5月20日、業界誌に対して「遊技機性能調査の開始について」とするプレスリリースを発出した。

リリースでは、 4月28日付けで警察庁より「ぱちんこ遊技機の遊技くぎを、営業者が意図的に曲げるなどして変更を加え、検定や認定を受けた遊技機とは異なる遊技性能を創 出している問題について、同種事案の発生に歯止めがかからない状況にある」との指摘を受けたことや、改善に向けた協力要請があったことを説明。

機構自体も全国の複数のホールに設置してあるパチンコを確認したところ、一般入賞口に遊技球が入賞しない状態になっていることが、かなりの件数で確認されたとしている。
 
「遊技機性能調査」については、機構検査部によって6月1日から開始される。検査員が検査対象の遊技機を一定時間、試打し、そのデータを収集することで不正改造の疑いがあるか否かを判断するという。収集する主な遊技データは以下の通り。

【ぱちんこ遊技機】
①大当たり履歴の変遷(確率変動大当たりの連続性等)
②確率変動大当たりと通常大当たりとの比率
③一般入賞口及び中央入賞口(スタートチャッカー等)への入賞状況等
④払出し個数の確認
⑤その他、必要とされるデータ
 
【回胴式遊技機】
①大当たり履歴の変遷(大当たりの連続性)
②リプレイ、小役の確率(ベース値の確認)
③払出しメダル枚数の確認
④その他、必要とされるデータ

また、不正改造かどうかの判断については、一般入賞口の遊技くぎの状態については保通協の型式試験、各都道府県公安委員会から検定を受けた時点のものが「正規遊技機」の状態となり、「この状態とかけ離れた状態であれば不正改造されている、との判断をさせて頂きます」としている。
 
調査はパチンコホール側には一切告知等をせず行われる。また、開始から半年間は周知期間とみなし、調査の結果、異常が確認されても原則として行政通報は行われない。
 
調査の詳細は、遊技産業健全化推進機構のホームページでも告知されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.