民進党所属の初鹿明博 衆議院議員が10月27日に提出した「ぱちんこ遊技機の不正改造問題に関する質問主意書」に対する、内閣の答弁が出された。
 
質問で初鹿議員は、「遊技くぎ」問題に対する今年4月の国会内閣委員会における河野太郎 国家公安委員会委員長(当時)の答弁のなかの「違法な機械」という言葉の意味合いや、そうした遊技機が大量に出回ってしまった原因におけるホール、メーカー、政府それぞれの責任について問いただしていた。
 
これに対して答弁では、出荷時点において既に型式と異なる性能の遊技機が含まれていた可能性があるとした日工組の報告を踏まえて、警察庁が関係団体への撤去要請を行っていることをあらためて言及。撤去の状況をみながら必要とされる措置を検討していきたい、などとする内容が極めて簡潔に記載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.