「組合まつり in TOKYO」で都遊協、日工組らがパチンコをアピール

%e7%b5%84%e5%90%88%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e7%94%bb%e5%83%8f東京都の中小企業団体中央会が主催する「組合まつり in TOKYO」が8月30日、都内有楽町の東京国際フォーラムで開催され、都遊協、東遊商、東商流、全日遊連、そして日工組といった、都内に事務所を構える業界団体が連名でパチンコブースを出展した。
 
組合まつりは、2020年の東京オリンピックを契機に中小企業のビジネスチャンスを広げるために企画されたもので、全国から88組合が参加。それぞれの団体が地域の特産品やものづくりの技術などをアピールした。
 
業界団体のブースでは、A-gonの手打ち機をはじめ、SANKYO、三洋物産、大一販売、豊丸産業、平和のパチンコ機を設置。都遊協青年部のメンバーが付き添い、来場者に楽しんでもらったほか、ジャンボパチンコも用意するなどして、ブースは終日賑わいをみせた。また、日工組ブースでは昭和30年に豊国遊機が製造した正村ゲージの手打ち機のほか、「ゼロタイガー」「麻雀物語」「海物語」といった歴史的なエポック機を展示。往年の名機を懐かしむ来場者の姿が数多く見受けられた。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.