キャラクターとホビーの祭典「C3AFA TOKYO 2017」にSANKYOなど出展

SANKYOブースの「インタラクティブタッチビジョン」

SANKYOブースの「インタラクティブタッチビジョン」

キャラクターとホビーの文化を融合させた日本最大級の参加型エンターテインメントイベント「C3AFA TOKYO 2017」が8月26、27日、千葉市の幕張メッセで開催され、業界関連ではSANKYO、サミー、京楽産業.、フィールズがブース出展した。イベント会場には、最新アニメコンテンツの映像や人気のキャラクターフィギュアを目当てに、多くのファンが訪れた。
 
 SANKYOブースでは、最新機種「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア」の展示・試打をはじめ、アニメコンテンツとタイアップした歴代のパチンコ・パチスロの実機を展示。また、130インチの大型モニタに流れるように表示されるSANKYOのパチンコ・パチスロに関する動画のサムネイルをタッチすると画面が広がり動画が自動再生されるという「インタラクティブタッチビジョン」や、手書きの絵をパソコンで読み込むとそれがそのまま大型スクリーンの映像に入り込むという「お絵かきデジタルキャンパス」、さらにアクエリオン・EVOLの合体シーンをバーチャルに体感できるVRコーナーなど、最新のテクノロジーを用いて近未来感を演出した。
 
サミーブースでは最新機種「パチスロ蒼き鋼のアルペジオーアルス・ノヴァー」の試打機を5台出品。人気アニメコンテンツのパチスロ化とあって、日本アニメ好きの外国人が試打するという姿もみられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.