サミーのサッカー少年支援プロジェクト、フィールドプログラム開催

IMG_3811webサミーは2月25日、都内豊洲の「MIFA Football Park」で、同社が昨年11月に立ち上げた「SAMMY SOCCER PROJECT」の第1回目となるフィールドプログラムを開催した。

このプロジェクトは、サッカーを通じて、子どもたちに夢と感動を届けることを目的に始動。小学校低学年から中学年の子どもたちを主な対象に、将来の日本サッカー界をけん引する才能の発掘、育成や、人間成長の一翼を担うというプロジェクトだ。今回のフィールドプログラムでは、小学校1〜4年生、保護者、コーチが対象となり、抽選で選ばれた約200名の子どもたちとその保護者らが参加した。

当日は、元日本代表の鈴木啓太さんらがフィールドプログラムのクリニックコーチを担当。プログラム前には、「目標、目的を常に持ち、なぜコーチがこういうことを言っているのかということを考えてやって欲しい」と子どもらに呼びかけ、フィールド上では、基本的なボールの扱いや、ミニゲームを通じ、考えてプレーすることの重要性を伝えた。

また会場施設内では、保護者やコーチ向けのセミナーも実施。レアルマドリード、ACミラン、チェルシーFC、リバプールFC、アーセナルFCによる日本でのサッカースクール合同事業を主催するスポーツコンサルタントの今野敏晃氏を講師に迎え、メンタリティに対する考え方や、トッププレイヤーを目指す子どもたちに向けた教育手法などがレクチャーされた。

IMG_3805web

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.