ダイナムが豊丸産業の「トレパチ!」活用しシニア向けパチンコ体験会

OLYMPUS DIGITAL CAMERAホール大手企業のダイナム、遊技機メーカーの豊丸産業、老人介護施設「あずみ苑」の三社合同によるシニア向けパチンコ体験会が10月21日、茨城県筑西市の老人介護施設・あずみ苑で行われ、入居者、ショートステイ、デイサービスのお年寄り37名が参加した。

体験会には豊丸産業が福祉向けトレーニングパチンコとして開発した「トレパチ!」を活用した。「トレパチ!」は、本体と台ランプが一体化されたレクリエーション用のパチンコ機で、発射速度の抑制や、玉を特殊樹脂でコーティングした静音設計、握力が低下したお年寄り専用の操作機「助ダチくん」との対応など、随所に福祉施設での利用を前提とした工夫が施されているのが特徴だ。

体験会では「トレパチ!」3台があずみ苑に持ち込まれ、主催者側からダイナム、豊丸産業、あずみ苑の運営企業であるレオパレス21のスタッフが駆けつけ運営をサポート。玉の弾き方から大当りまでの遊び方、台の特徴を分かり易く説明した。入賞や大当りになると会場は大きな歓声と拍手に包まれるなど、およそ一時間にわたって行われた大会は終始盛り上がりをみせた。また、この日はダイナム公式キャラクターであるモーリーズが全面に施されたオリジナルのスマートボールと的当てゲームも登場。参加者全員がパチンコや遊びを通じて楽しくトレーニングに励んだ。体験会開催についてあずみ苑の杉山康生施設長は「本部のシルバー事業部とダイナムさん、豊丸産業さんのご協力でこうした体験会を行うことができ感謝している。久しぶりにパチンコに触れて懐かしいという参加者や初めて遊んだという人まで様々だったが、皆さん大変喜んで頂いた。機会があれば是非また開催していただきたい」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.