ニューギングループ、前田慶次四百七回忌供養祭に協力

ニューギングループは6月4日、戦国武将・前田慶次の供養塔がある山形県米沢市の堂森善光寺で行われた「前田慶次 四百七回忌供養祭」に参加し、境内で行われた様々な催しに協力した。同グループでは「花の慶次」シリーズの長きに渡るヒットに対する感謝の思いから例年この供養祭への協力と参拝を続けている。
 
当日は、前田慶次の衣装をまとった慶次ファンなど全国から一般参詣者約200名が訪れ、供養塔前で行われた法要には、花の慶次シリーズの楽曲でお馴染みの角田信朗さんと大西洋平さんも参列して焼香した。法要後には、ニューギングループも含む全国の慶次ファンなどの寄付で建立された「兜むくりモニュメント」の除幕式も行われた。このモニュメントは前田慶次が地元民に愛されていたことを伝える逸話をモチーフにしたもので、台上の兜が回転する仕組み。おしょうしな観光大使の角田さんはモニュメントの揮毫も手掛け、除幕後は多くの慶次ファンに向けて台上の兜を回転させる「兜むくり」を披露した。
 
除幕式の後には境内に設けられた特設ステージで角田さんと大西さんによる「花の慶次」関連楽曲のミニライブも行われ、大いに盛り上がりをみせた。また境内には前田慶次の大型フォトパネルを設置し、角田さんと大西さんと写真撮影ができるフォトスポット&握手会を展開したほか、タオルのサンプリングも行うなどして多くの参詣者を喜ばせた。
 
なお、ニューギングループではこの供養祭に合わせ、JR米沢駅構内や駅舎に前田慶次のイラスト看板を掲出したほか、道の駅米沢、米沢市観光協会、米沢駅観光案内所でチラシを配布・設置して告知も実施。7月14日に東京ドームシティ・プリズムホールで開催予定の毎年恒例のイベント「花慶の日2018」のチラシ配布・設置も合わせて行った。慶次供養祭2web用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.