フィールズが新規則機市場活性化を目的に「ENJOYぱちんこパチスロキャンペーン」を実施

キービジュアル撮影風景フィールズは11月11日から来年3月までの約5カ月間、今後登場してくるパチンコ・パチスロの新規則機市場を盛り上げるための試みとして、「ENJOYぱちんこパチスロキャンペーン」を実施することを明らかにした。また10月26日には、キャンペーンビジュアル制作のため、著名ライター陣らが参加して撮影が都内で行われた(=写真)。

このキャンペーンは、パチンコ・パチスロユーザーをはじめ、各種媒体やホールも巻き込んだ啓蒙活動を展開することで、新規則機の正しい情報の発信と、業界全体の活性化を図ることが目的。このうちユーザーに対しては、出版社の垣根を超えて雑誌やWEB、SNSなどを活用しながら新規則機の魅力を伝える。

一方、ホールに対しては、同社が発行する情報誌「LUDO」誌上での告知をはじめ、ホール用告知ポスターやPOPの提供、メーカーサイトからの誘導などを通じ、キャンペーンの周知を図る考えだ。

さらに期間中は、専用サイト(https://www.enjoy-ps.jpで新規則機にまつわるポイントを短時間で紹介する映像の配信や、ツイッターを利用したプレゼントキャンペーンも併せて行われるという。

同社では、「ユーザーには新規則機に関する情報が断片的にしか伝わっておらず、疑心暗鬼になっている部分も少なくないと考えている。キャンペーンを通じて新規則機ならではの特徴である『安心して楽しめる』『ローコストで長時間遊べる』といったポジティブな情報を大々的にプロモーションすることで、業界全体の活性化と今後登場する新機種の稼動促進にもつなげていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

ゴトイメージ

日電協がパチスロの不正改造ゴト被害を集計、約6年半の被害総額は推計280億円に

2019/2/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年2月号

2019-2
主な記事:

ギャンブル依存の文脈に沿って高まる批判 社会の目を意識せざるを得ない情勢に
取材系イベントへの規制強化が問うホール広告に対する新たな倫理観

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年1月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.