img_8814webニバーサルエンターテインメントが特別協賛している「第43期岡田美術館杯女流名人戦」(主催・報知新聞社、公益社団法人日本将棋連盟)の就位式が3月21日、都内港区の明治記念館で開催された。

就位式には、第五局までもつれた激戦を制し、前人未到の8連覇を果たした里見香奈名人のほか、報知新聞社の早川正社長、日本将棋連盟の佐藤康光会長、岡田美術館の小林忠館長ら多数の関係者が参列。その後場を移して行われた祝賀パーティーには、多くの女流棋士らも出席し、里見女流名人の戴冠を祝した。

この女流名人戦は、昭和49年に発足した女流棋戦で最も歴史があるタイトル。以前の冠名は「ユニバーサル杯女流名人戦」だったが、前回大会となる第42期から「岡田美術館杯女流名人戦」に変更されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

20180801_Player

パチンコ実機をオンラインで遊べる「nicohan」のベータ版が初公開

2018/12/28

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年1月号

2019-1
主な記事:

女性社員を対象にしたキャリアパスの複数化など昇進制度の柔軟な見直しを
ホール企業で拡がる女性管理職育成制度

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年12月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.