IMG_1629 のコピー(1)三洋グループが協賛するライフセービング競技の国際大会「三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2016」が7月2日〜3日、宮崎県宮崎市の青島ビーチで開催された。
  
三洋グループでは、看板タイトル「海物語」シリーズにちなみ「海にまつわる社会貢献を行いたい」として、2006年より協賛を開始。国内唯一となる国際大会をサポートし続けている。
 
9回目となる今大会には日本、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、イギリス、南アフリカ、カナダ、香港の各代表にユース日本代表を加えた8カ国9チームが参加。サーフレース、ビーチフラッグスなど計10種目が行われた。
 
2日間に渡る大会では世界選手権2連覇中のニュージーランドとの接戦を制したオーストラリアチームが優勝し、大会9連覇を飾った。日本は代表チームが4位と健闘、ユース代表は7位に食い込んだ。花形種目の一つであるビーチフラッグスでは日本代表の植木将人選手が1日目に2位、2日目には優勝を飾るなど、開催国として大会を盛り上げた。
 
また、会場にはSANYOブースも出展。水に濡らすだけでひんやり冷たい冷感アイテム「海物語  冷えぐるみ」を配布するなど、熱中症対策をサポートした。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.