三洋物産の特別協賛で今年も「インターナショナルライフセービングカップ」

%e4%b8%89%e6%b4%8b%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a2017-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc1三洋物産と三洋販売が特別協賛を行う「三洋物産 インターナショナル ライフセービングカップ2017」が、6月24日と25日、福岡市早良区のシーサイドももち海浜公園で開催された。
 
看板タイトルとして「海物語」シリーズを展開するなかで、「海にまつわる社会貢献を行いたい」として2006年から協賛を始めたもので、今回で10回目。日本におけるライフセービング競技の唯一の国際大会として「三洋カップ」の知名度は世界的にも高まっており、強豪国のオーストラリア、ニュージーランドのほか、今年はヨーロッパからオランダが初参加するなど、7つの国と地域から全8チームが参戦した。
 
大会はボードレスキューやビーチフラッグスなど、2日間に渡る計11種目でハイレベルな熱戦が繰り広げられた結果、安定した競技力を発揮したオーストラリアが総合優勝を果たし、10連覇を達成。続く第2位にはトップ選手で構成した日本Aが入り、強豪国のニュージーランドを僅差で破った。
 
また、大会翌日の26日には、参加選手と地元小学生150名との国際交流の場が設けられ、ライフセービングを通じて言葉を超えたコミュニケーションが図られた。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.