国内最大アニメイベントにSANKYO、サンセイR&Dが出展

img_0324国内最大規模の総合アニメーションイベント「AnimeJapan 2017」が3月23~26日、東京ビッグサイトで開催され、業界関連企業からSANKYOとサンセイR&Dがブースを出展した。
 
SANKYOは、グループ会社のサテライトがブース出展し「戦姫絶唱シンフォギアGX」「マクロスΔ」の関連グッズなどを展示。さらにSANKYO新機種「マクロスフロンティア3」の実機も紹介された。ブース内の特設ステージでは、同社がプロデュースする、スタッフが全員声優のタマゴというカフェ「SHIROBACO」から派生したユニットのライブイベントも開催された。
 
サンセイR&Dは、東北新社の出展した「牙狼<GARO>」ブースに協力し、「CR ANOTHER牙狼~炎の刻印~」「CR牙狼 魔戒ノ花~BEAST OF GOLD ver.~」の実機を展示した。ブースには、TVドラマの中で牙狼と共に戦う馬型の魔戒獣「轟天」の高さ3メートルにおよぶ実物大フィギュアも出品。さらに撮影会には牙狼が登場し、共演したサンセイガールズの3人とともに会場を盛り上げた。
 
「アニメのすべてが、ここにある。」をテーマに始められた「AnimeJapan」、今回はメインエリアだけでも出展社数169社という過去最大規模で開催され、来場者数についても4日間合計で約14万5000人とこれまでの最高となった。SANKYOとフィールズはイベントの協賛社にも名を連ねている。
 img_0414

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.