山水主催で第9回目の「スポーツGOMI拾い」

%e5%b1%b1%e6%b0%b4web東京、埼玉でホール経営を行う山水は11月20日、西武新宿線久米川駅前で「スポーツGOMI拾い」の東村山大会を主催した。
 
「スポーツGOMI拾い」は、ゴミ拾いをそれまでの奉仕活動から変換させ、「環境にもっともやさしいスポーツ」として2008年に誕生。山水が実行委員を務める東村山大会は2012年以来、年に2回のペースで行われている。9回目となった今回は18チーム、下は6歳から上は69歳まで97名が参加した。
 
開会式で山水の平澤秀哲社長は、「昨日予定していた東久留米大会は残念ながら雨で中止となったが、本日はいい天気に恵まれた。事故などには十分に気をつけて頑張ってください」と挨拶。開会式には東村山市の渡部尚市長も駆けつけ、同市が全国でも指折りのゴミ排出量の少なさを実現していることに感謝するとともに、参加者を激励した。
 
「ゴミ拾いはスポーツだ!」の掛け声で始まった競技では、各チームが久米川駅周辺を回り、合計で176・7キロのゴミを回収。閉会式で山水の福地光専務は、参加者を労うとともに、次回大会への参加を呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.