日工組が「みんなのパチンコフェス」の開催を発表、「連れパチ」テーマに来年2月秋葉原で

みんなのパチンコ日工組は12月19日、新規則に対応したパチンコ機を、一般ファンをはじめ、業界内外に広く披露する合同展示会「みんなのパチンコフェス」を来年2月に開催することを記者発表した。

フェスのメインテーマは「連れパチ」。幅広い層に対し、気軽にパチンコで遊んでもらう機会を提供することで、パチンコの楽しさや価値を、より多くの人に訴求することが目的だ。日程は来年の2月23日(土)と24日(日)の2日間で、場所は都内のベルサール秋葉原となる。

イベントは3フロアで実施する。それぞれのフロアごとにテーマが設けられ、大通りに面した1階では、「ステージフロア」として、パチンコファンや初心者が楽しめるようなステージイベントを展開。各メーカーコンテンツのタレントや声優、キャラクターなどがライブやトークショーを繰り広げる。

一方、地下1階は「試打フロア」として、ホール未導入機を含む新規則機の試打コーナーを設置。150台ほどが用意される予定だ。さらに2階は、「連れパチフロア」と題し、映像を用いた初心者向けのパチンコレクチャーに加え、40〜50台程度のパチンコ機を設置した疑似ホールでの試遊体験などが提供される。

発表会で日工組の筒井公久理事長(=写真中央)は、「新規則機は、初当りを引きやすく、大衆娯楽を指向した遊技機。今の市場では旧規則機と混在しているが、今後、2021年1月末で新規則機への切り替えが必要となるため、新規則機の普及、促進を図っていきたい」と挨拶。またイベントを契機に、新規ファンの獲得や休眠層の掘り起こしにも繋げたい意向を示すなどした。

イベント内容の詳細は、来年1月以降、公式Webサイトで順次公開していくという。
URLは、https://pachifes.com

パチンコフェスロゴ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.