湖月が休業店の駐車場でドライブイン・シアター

九州を中心に店舗展開する湖月は5月5日、緊急事態宣言を受けて営業を自粛している「J湖月延岡店」(宮崎県延岡市)の駐車場を利用したドライブイン・シアターを実施した。
 
同社では、エンターテイメント業界だからこそ出来る地域貢献を模索するなかで「学校も休みで外出も自粛が続くなか、ゴールデンウィークを迎える子どもたちやその家族に何か提供できないか」との想いから駐車場を活用したドライブイン・シアターを企画。新型コロナウイルスの感染防止に配慮して車を降りることなく映画を楽しめるように、駐車場には幅11メートル高さ7メートルの巨大スクリーンと3D映像を投影できる機器が設置され、3Dホログラムによるロゴ映像やカウントダウン、誘導標識など目新しい演出のほか、「ウルトラマンサーガ」などおよそ2時間の作品が無料で上映された。
 
5月5日は端午の節句ということもあり、会場となった同店駐車場には子ども連れの家族などが大勢訪れて映画を楽しんだ。同社では、「今回、私たちが実施することは小さな取組みかもしれませんが、地域の皆さまと当社従業員の家族や当社を支えてくれている方々に少しでも笑顔が戻り、良い思い出が残れば嬉しく思います」としている。当日の模様は、地元テレビ局などにも取り上げられた。

動画はこちらから

https://www.youtube.com/watch?v=ohTns63_u4Y

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.