牙狼誕生10周年イベントにサンセイR&Dが協賛

ガロフェスサンセイR&Dが協賛するイベント「牙狼10周年記念 魔界ノ宴ーGARO FESー」が2月11日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで開催された。 このイベントは、2005年に特撮テレビドラマとしてスタートし、同社とのタイアップ機としても知られる「牙狼」の誕生10周年を記念して行われたもので、原作・総監督を務める雨宮慶太氏をはじめ新旧の出演キャストが一堂に集結。スーツアクターによるアクションショーや歴代魔戒騎士のトークショーに加えて、第1作目から主題歌を手がけている人気アニメソング歌手グループ「JAM Project」のライブも行われた。また、当日は今春公開予定の劇場版アニメに関する情報や現在開発中のスマートフォン向けゲームアプリなどの新プロジェクトも発表された。 出演者を代表して挨拶した雨宮監督は、「あっという間の10年間だったが、振り返ってみると沢山のキャストやスタッフに支えられて出来た作品だと改めて感じている。これからも初心を忘れずに、ファンの皆さんが観てあっと驚くような作品を作っていきたい」と、次回作に向けた意気込みを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.