ユニバーサルエンターテインメントが特別協賛する「第44期岡田美術館杯女流名人戦」(主催・報知新聞社、公益社団法人日本将棋連盟)の就位式が3月27日、都内港区の明治記念館で開催された。
 
就位式には、挑戦者の伊藤沙恵女流二段を3連勝で下し、前人未到の9連覇を果たした里見香奈女流名人のほか、報知新聞社の丸山伸一社長、日本将棋連盟の佐藤康光会長、岡田美術館の小林忠館長ら多数の関係者が参列。その後場を移して行われた祝賀パーティーには、ひふみんの愛称で人気の加藤一二三九段が出席し、バルーンブーケを贈呈(=写真)するなど、里見女流名人の戴冠を祝した。
 
伊藤女流二段との対局を振り返った里見香奈名人は、「あっというまだったが、自分の力を発揮できた」と喜びを語りながら、「今後は将棋界の発展のため、私にできることならなんでもやっていきたいと思う」と挨拶した。

この女流名人戦は、昭和49年に発足した女流棋戦で、最も歴史があるタイトル。以前の冠名は、「ユニバーサル杯女流名人戦」だったが、第42期の大会から「岡田美術館杯女流名人戦」に変更されている。第一局は箱根の岡田美術館で行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.