重症心身障害者施設の恒例イベントにボランティア参加

島田2018都内を中心とした業界関係者の有志で作る「島田療育センターを守る会」は9月8日、同センターが開催したイベント「わいわい祭り」に70名を超えるスタッフでボランティア参加し、その運営をサポートした。
 
島田療育センターは、昭和36年、当時の日本橋組合長だった島田伊三郎氏が私財を投じて購入した土地に作られた、我が国初の心身障害者施設。金銭面で運営が厳しくなった昭和50年代に、業界関係者の有志が「守る会」を結成し、以来、代替わりをしながら募金活動やセンター行事への支援を続けている。
 
今回の「わいわい祭り」でも、複数のホール企業や都遊協傘下組合、さらには全遊振関係者らが多数協賛し、運営面でも各種アトラクションや焼そばなどの模擬店で会場を盛り上げた。
また、同日には守る会から各病棟ごとに寄付の目録が手渡され、センターの木実谷哲史院長は、物心両面の支援にあらためて感謝の言葉を述べたほか、守る会の松下恵代表は、ボランティアで集まった関係者を労うとともに、今後もさまざまな形で支援活動を展開していきたい考えを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.