12万人動員のAnimeJapanにSANKYOらがブース出展

SANKYObusuSANKYOkyousangarosute-ji100社以上のアニメ関連企業が参加するAnimeJapan2015が3月21日と22日の両日、東京ビッグサイトで開催され、業界からはSANKYOとフィールズ、東北新社がサンセイR&Dのタイアップ機でお馴染みの牙狼ブースを出展した。SANKYOとフィールズの両社は、イベントの協賛も行った。AnimeJapanは昨年から開催されており、2回目となる今回は12万人以上の来場者が詰めかけた。

SANKYOは子会社でアニメ制作を行うサテライトとの共同でブースを出展。「Anime With SANKYO」と題して、最新機種「CRフィーバー宇宙戦艦ヤマト」をはじめ、歴代のアニメタイアップ機の実機を展示したほか、サテライトが制作する「アクエリオン」シリーズ、涼宮ハルヒの憂鬱に登場するキャラクターを主人公とした「長門有希ちゃんの消失」などのコンテンツをPRした。また、会場に設置されたステージにおいてアクエリオンの生誕10周年を記念したファンイベントも行い約2000名が参加した。イベントでは歴代シリーズの声優陣が集結してのトークショーを開催。その場でアニメシリーズの新作「アクエリオンロゴス」の制作決定、10周年イベントを6月に渋谷公会堂で開催すること、舞台「ひと夏のアクエリオン」の公演決定などをファンに報告した。

牙狼ブースでは作品の世界観をアピールしたほか、こちらもファンイベントを開催。3月28日から公開される劇場版「牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔」に出演した栗山航さん、南里美希さん、原作者の雨宮慶太さん、アニメ版「GARO 炎の刻印」の声優陣を迎えてのトークショーを行った。このなかで、雨宮さんは「牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔」のテレビ版を4月より放送することをファンに報告した。

フィールズブースでは月刊ヒーローズをPR。連載作品の単行本を閲覧できるスペースを用意したほか、アニメ化もされた「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」のロボットフィギュアを展示するなどした。また、子会社の円谷プロダクションのコンテンツ、ウルトラマンシリーズもアピール。人気クリエーターが怪獣を擬人化するプロジェクト「ウルトラ怪獣擬人化計画」のコスプレ衣装をまとったコンパニオンによる撮影会を開催した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチンコ、パチスロの保通協適合率がともに改善、パチスロ機の適合率上昇は4カ月連続

2020/2/5

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年2月号

主な記事:

旧規則機撤去後を見据えた動きも徐々に活発化
大型連休になった年末年始商戦 PSともに今年も稼動が続落

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.