三洋のアイマリンとナギナミが、世界最大のVRイベントに参戦


三洋グループが運営する「アイマリンプロジェクト」および「ナギナミプロジェクト」はこのほど、12月19日から2021年1月10日に渡って開催される世界最大のVRイベント「Virtual Market 5」(主催・株式会社HIKKY)にブース出展することを発表した。

この「Virtual Market 5」は、バーチャル空間上にある会場で、出店者と来場者がアバターなど、様々な3Dアイテムやリアル商品(洋服・PCなど)を売買できるイベント。バーチャル空間上で乗り物に乗ったり、映像を見たり、来場者間でコミュニケーションを楽しむことも可能だ。VR機器やPCから気軽に誰でも参加することができ、開催期間中は24時間運営。日本はもとより世界中から70万人を超える来場者が集まるという。

三洋ブースでは、アイマリン&ナギナミプロジェクトの世界観を表現。ブース正面の大型モニターでは、12月16日に発売されるアイマリン2ndSingle「The Boon」のMVをはじめ、「Stand UP! Blaze UP!」や今年8月の「VirtuaREAL.02」ライブで初披露したナギナミプロジェクトのオリジナル曲「Dreamin’Summer Girl」「クロスエメラルド」のMVが随時放映される。またブースでは、「新章アイマリン」「海月ナギ」「飛鮫ナミ」の3Dモデルデータが7,500円(税抜)で販売される予定だ。さらに、今回のイベント開催中には、アイマリンプロジェクトの新キャラ発表も予定されており、その模様は、アイマリンプロジェクト公式YouTubeチャンネルで生配信される。

アイマリンプロジェクトYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCP6ifkW-TeDq2E5tZP9TVUQ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協の型式試験、パチンコの適合率が今年最高水準に

2020/12/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.