A-gonの手打ちパチンコ教室に幅広い層から参加者

20160506_手打ち教室結果昨年12月、約40年ぶりとなる手打ち式パチンコ機「CRA-gon昭和物語」を発売したA-gonはこのほど、一般ファンに向けて実施した「手打ちパチンコ教室」の開講結果を発表した。

この催しは、より多くの人に手打ちパチンコの面白さを知ってもらうことを目的に、4月4日から28日の約1カ月に渡って開催。受講料は無料で、同社の上野本社内ショールームを開放して実施されていた。
 
パチンコ教室では、「CRA-gon昭和物語」を用いて、同社のスタッフが来場者に対し、手打ち式の遊び方や楽しみ方を丁寧にレクチャー。性別や年齢、パチンコ経験の有無などに関わらず、幅広い層から参加者が集まった。
 
このうち、都内から参加した40代の主婦は、「よく行くホールでは高齢の人から若い人まで20人ほどの常連仲間がいるが、今のパチンコはお金がかかりすぎて、その人たちが段々辞めていってしまい、とても寂しく感じている。手打ちのような自分のペースで遊べて、お金を使わない台がもっと欲しい」と感想を語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.