SANKYOが少年相撲大会「第八回 白鵬杯」に特別協賛

白鵬杯取り組みSANKYOが特別協賛する、第六十九代横綱・白鵬主催の「第八回白鵬杯〜世界少年相撲大会〜」が2月12日、都内墨田区の両国国技館で開催され、世界8カ国から参加した1300名近い子どもたちが、熱い取り組みをみせた。
 
「白鵬杯」は大相撲の横綱・白鵬の呼び掛けで2010年から行われている少年相撲大会。「相撲に恩返しをしたい」という横綱の想いが具体化した第一回大会では、日本とモンゴルから約750人の相撲少年が集まった。それから回を重ねるごとに規模を拡大していき、1200名超の参加者を集めた昨年の第七回大会では「世界で最も出場選手が多い相撲大会」としてギネス申請。今年の大会はそれをさらに上回る、過去最高の参加者が集まる日本最大規模の相撲大会となった。大会の総合プロデューサーはテレビでも活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が務めている。
 
特別協賛を務めているSANKYOは第四回大会からサポートを始め、それ以降の毎大会、横綱・白鵬の活動を支援。SANKYOは今大会の特別協賛に関して「『相撲を通じた各国の親善交流、青少年の健全な育成』を目的とした大会の趣旨に賛同し、協賛を通じて未来を担う子供たちを応援いたします」などとしている。
 
今大会にエントリーしたのはアメリカ、タイ、香港、モンゴル、韓国、日本、台湾、中国の小学1年生から中学3年生まで1296選手、146チーム。試合は団体戦、個人戦すべてトーナメント方式で行われ、本土表を含めた5面の土俵をつかって熱戦が繰り広げられた。当日は、白鵬関の長男が出場し初勝利をあげたり、元横綱・若乃花の花田虎上氏がサプライズゲストとして登場するなど試合以外にも話題も多い大会となった。会場入口付近には、子どもも楽しめるゲームコーナーも用意された。
 
白鵬杯表彰式個人、団体の決勝戦に続く表彰式のあと、大会の総括をおこなった横綱・白鵬は「長い大会となったがアッという間だった。来年、またそれぞれ稽古に励んでまた参加して欲しい」などと来場者に感謝を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.