SANKYO協賛の子供相撲「白鵬杯」が開催

hakuhouSANKYOが特別協賛としてサポートする小中学生を対象とした相撲大会「第五回白鵬杯」が2月1日、都内墨田区の両国国技館で開催された。

大会名にあるように、先日幕内優勝回数の記録を更新した横綱白鵬関が提唱して開催されており、SANKYOが特別協賛を務めるのは昨年に続いて2回目となる。日本はもちろん、モンゴル、中国、韓国、アメリカ、ブルガリア、エストニア、オーストラリアの8カ国から、計800名以上の小中学生力士が参加し熱戦を繰り広げた。

会場には白鵬関を慕う現役力士達も数多く登場し、放送作家の鈴木おさむ氏がプロデュースしたアトラクションを行い子供達と触れあった。

また、エントランスにはSANKYOブースも設置。ピンボール、輪投げ、的当ての3つのゲームを行ったほか、白鵬杯グッズが当る抽選会を開催し、終日行列が絶えない人気となった。

記者会見で白鵬関は「子供達と触れ合って、未来の相撲界を支える宝だと改めて感じた」と大会の感想を語った。同席した鈴木おさむ氏が「白鵬杯で育った子供が横綱と相撲を取る日が来たら面白い」と語ると、白鵬関が「実は初場所で第1回、2回大会に出場した阿武咲(おうのしょう)が関取になった」と報告すると共に「もしかすると今年中に当るかもしれない」と期待を寄せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.