「ギャンブル等依存症対策基本法案」再提出

国会議事堂先の衆議院解散で廃案となっていた「ギャンブル等依存症対策基本法案」が12月1日、衆議院に再提出された。

提出者は、自民党の中谷元衆議院議員ほか5人。中身については前回提出時と同様で、国や地方公共団体による依存症対策推進に加え、関係事業者らの責務などが盛り込まれている。

また、11月30日には日本維新の会も同様の法案を参議院に提出している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

20180801_Player

パチンコ実機をオンラインで遊べる「nicohan」のベータ版が初公開

2018/12/28

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年1月号

2019-1
主な記事:

女性社員を対象にしたキャリアパスの複数化など昇進制度の柔軟な見直しを
ホール企業で拡がる女性管理職育成制度

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年12月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.