全日遊連の全国理事会における警察庁保安課 小柳課長講話全文

次に、広告・宣伝等の健全化の徹底についてお話しします。
 
広告・宣伝等の規制については、依然として、特定の日に特定の遊技機を示し、イベント開催を告知して射幸心をそそるものや、くぎを開く等の違法行為の宣伝に関するもの、隠語を用いて規制の目をかいくぐろうとするような悪質な事案が発生しております。
 
このような違法な広告・宣伝については、今後も指導・取締りを行っていきますが、警察の指導・取締りによって健全化が進められるのではなく、業界全体で認識を改めていただき、業界自らの取組によって広告・宣伝の健全化が進められるよう努めていただきたいと思います。
 
最後に、営業所における置引き対策についてお話しします。
 
置引き対策につきましては、これまでにも効果的な取り組みについてお願いをしてきたところですが、昨年3月に、全日遊連を始めとする業界団体の取組として、置引き防止マニュアルが策定され、さらに昨年9月には、全国の各営業者の具体的な取組事例を盛り込む形で同マニュアルの改訂が行われたと承知 しており、同マニュアルについての研修や実践が各地域で進められているもの と認識しております。安全で安心な遊技場所を確保することは、ぱちんこが健全な娯楽であるための大前提であるとともに、遊技客に気軽に遊んでもらうための必要不可欠な条件であると考えております。引き続き、置引き防止マニュ アルが積極的に実行されるよう全国の営業者にその必要性と有効性を理解していただくとともに、同マニュアルが更に効果的に活用できるような改訂も視野に入れながら、置引きの根絶を目指して防止対策を強力に推進していただきたいと思います。
 
ぱちんこ産業は、参加人口が減少傾向にあるとはいえ、なお、非常に多くの方々が参加している娯楽産業であります。
 
課題は山積しておりますが、くぎ問題への対策を含め、射幸性の適正管理を最優先課題として位置づけるとともに、その他の課題についても、一つ一つ迅速かつ真摯に対応していただくことはもちろんのこと、その結果が世間から評価されるということにこだわっていただきたいと思います。その実現なくして、ぱちんこは健全な遊技たり得ないと考えます。
 
今後のぱちんこ業界の皆様のご努力に期待いたします。
 
結びに、貴連合会のますますのご発展と皆様方のご健勝、ご多幸を祈念いたしまして、私の話を終わります。
 
ご静聴ありがとうございました。
 

ページ:
1 2 3 4 5 6 7

8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

AQUA 外観2(アーケード下)

都内月島のパチンコ店「AQUA」が海外建築賞受賞

2018/11/13

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.