IR議連が総会、今国会中の法案成立目指す方針を改めて強調

IMG_1151web超党派で組織される国際観光産業振興議員連盟(IR議連)は10月12日、都内永田町の衆議院第二議員会館多目的会議室で総会を開催し、現在開催されている臨時国会の会期中に、カジノ合法化を主軸とするIR推進法案の成立を目指す方針を改めて強調した。同議連が総会を開くのは昨年6月以来となる。

冒頭に挨拶した自民党衆議院議員の細田博之会長は、「今臨時国会は長めの会期となっており、法案が審議入りするチャンスは非常に大きく、各党の調整が進む可能性も高い。IRは、観光振興や雇用の拡大、地域発展に繋がり、日本経済にとって必要不可欠。今臨時国会での法案成立に向け、必要な説得や調整を行っていきたいと考えている」と述べ、カジノに慎重な姿勢を示す公明党をはじめとする一部議員らとの協議を念頭に置きながら、法案成立に向けた決意を表した。

総会では、一部役員の異動が承認されたほか、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事ら、IR誘致を狙う各地方自治体の幹部が出席。自らの取り組みをピーアールするとともに、法案成立に向けてエールを送った。

また、同議連の幹事長を務める岩屋毅衆議院議員は今後のスケジュールについて、「今国会では、審議時間を確保できる可能性が高いと考えており、与党間協議も進める。これ以上審議入りが遅れれば、内外の機運が萎んでいく。最終的には、IR実施法を慎重に議論する形となるが、まずはその前段階となる推進法を成立させてもらいたい」と協力を呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.