「ダイナム会津若松店」が男女共同参画推進事業者に認定

%e2%98%86%ef%bc%92ダイナムが経営する福島県の「ダイナム会津若松店」がこの程、会津若松市の男女共同参画推進事業者に認定され、1月19日、会津若松市役所において表彰された。
 
この制度は、福島県会津若松市が平成16年より男女がともに働きやすい環境づくりに積極的に取り組んでいる事業者を表彰するもので、今回は同店が実施している正社員(全国異動がが可能な社員)と地域限定社員(地域内でのみ異動可能な社員)が随時転用可能にしていることや、各種ハラスメント相談窓口の設置、ポジティブアクションの推進、ワーク・ライフ・バランスの推進などが評価されての受賞となった。
 
表彰式には同店の井上靖之ストアマネジャー、ダイナム郡山ゾーンの阿部英明ゾーンマネジャーが出席し、会津若松市の室井照平市長より賞状と記念の盾が贈られた。表彰式で室井市長は「この度の受賞、おめでとうございます。これまで28の事業所が表彰されていますが、パチンコホール企業の表彰は初めて。今後も様々な取り組みを通じて男女共同参画の推進にご尽力いただければ」とお祝いの言葉を述べ、同店のさらなる取り組みに期待を寄せた。また、井上ストアマネジャーは「自店での取り組みが男女共同参画推進のモデルとして表彰されたことを大変嬉しく思います。今後も従業員のライフスタイルを理解し、一人ひとりにあった働きやすい環境づくりに励んでいきます」と語った。なお、会津若松市では平成28年度の表彰は「ダイナム会津若松店」のみとなっている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチンコ、パチスロともに保通協適合率が微増

2019/11/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.