「フィリピン版パチンコ店」が12月にオープン

OLYMPUS DIGITAL CAMERAアミュゼクスアライアンス(田守順代表取締役)は11月25日、都内千代田区の帝国ホテルで記者会見を行い、12月12日にフィリピンのタルラック市にフィリピン版のパチンコ店「SONAR AMUSEMENT」をオープンさせると発表した。店舗運営には夢コーポレーション㈱・松田泰秀会長の個人会社である㈱ピーコスと、タイアップ契約を結んでいる現地法人の2社があたる。
 
「SONAR AMUSEMENT」出店にあたっては、田守代表が昨年7月にアジア・アミューズメント開発㈱(略称・AAD)を立ち上げ、パチンコ店営業のビジネスモデルを海外向けにカスタマイズした独自の運営スキームを関係者の協力を得て構築。ゲーム機の開発や物件契約、付帯設備の輸送、店舗工事などに取り組んできた。11月23日、タルラック市長よりゲームセンターの事業許可証が発行されたことで正式にオープンされる運びとなった。

記者会見にはAADの田守順代表取締役会長はじめ、山崎竜代表取締役社長、吉野博高取締役が出席し、これまでの経緯や「SONAR AMUSEMENT」の概要、今後の展望などが語られた。
 
説明によると設置遊技機は全142台。全て同一機種だが、パチンコ、パチスロ、ビンゴの3種類のゲームソフトが搭載(1台に最大4種類まで搭載可能)されており、どのゲームで遊ぶかは客の任意で選べる仕様になっている。盤面は全面液晶タイプで玉、メダルなどは全て擬似演出。遊技機はシンガポールの企業が日本の遊技機関連企業にOEMで発注して販売している。価格は1台150万円程で、レンタル貸与も行う。現在まで日本国内において特許を取得しており、今後は国際特許も取得する考え。一方、遊技は景品カウンターにポイントが記録されたICカードを購入した上で行われる。遊技終了後はポイントの残高と獲得ポイントに応じて景品と交換できる仕組みとなっており、店舗周辺にはリサイクルショップと質屋が営業している。
 
AADの田守会長は、今後、「フィリピン版・パチンコ店」を本格的に参入していく企業の窓口になることについて、「業界環境が厳しいなかで、今回の取り組みは新たなマーケットの開拓になる。若者が多く、エネルギーが溢れるフィリピンで日本の娯楽文化であるパチンコを輸出することで、新たなビジネスチャンスに繋げていきたい」と自信をのぞかせている。

なお、記者会見終了後には業界関係者らを対象とした「フィリピン新遊技場展開セミナー」が開催され、、フィリピンにおける事業展開の説明や、現地視察ツアーの案内が呼びかけられた。

P1010023

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.