「SAP立川店」が人命救助で、東京消防総監と立川消防署長から感謝状

サップ埼玉県川口市に本社を置くホール経営のサンキョーは、東京都立川市の「SAP立川店」での救命活動の功労が認められ、同店スタッフが2月5日、東京消防庁の大江秀敏消防総監および立川消防署の石川孝政署長から感謝状の授与を受けたことを発表した。
 
同社によると、救助した人が一命を取りとめ、社会復帰したことが授与の理由といい、「心肺停止状態から社会復帰される事例が年間通してほとんどないそうで、今回はまさに立川店のメンバーが一丸となって起こした奇跡だと思う」としている。
 
SAP立川店の人命救助の経緯は、昨年12月30日午後7時40分ごろ、1階ホールにいた可児真澄主任に来店客から「駐輪場で男性が倒れている」と連絡があった。現場では60歳代の男性が倒れており、意識・脈・呼吸が無い状態だったので、直ちにインカムで救急車を手配。可児主任と川本真由美さんは、スタッフが持ってきたAED電源パットなどの機器を男性に装着し、AEDの音声アナウンスに従って電気ショックを与え、そして心臓マッサージと人工呼吸を行った。近くにいた女性客が「私が」と人工呼吸を行うなど、スタッフと来店客が一丸となって目の前の命を救おうと必死だったという。救急車を要請してから救急隊員が到着するまでの、わずか5〜6分の出来事だった。
 
翌日31日、男性の家族が店を訪れ、「一命は取りとめました。皆さんのおかげです」と感謝の言葉を述べたという。
 
救命活動にあたった可児主任は「その時は無我夢中で『助けなくては』という使命感だけだった。また、協力してくださったお客様には大変感謝しています。後日、救急隊の方から、初期対応が良かったと言っていただいた。店の一体感を褒められたようで嬉しかったです」とコメント。
 
同じく人命救助に加わった川本さんは「立川店では、お客様の急病やけがによる救急車対応は何度かしたことはありますが、AED使用は初めてでした。講習でAEDの取扱いなどを習った経験が役に立ったと思います。緊急事態の最中でも、やるべきことがポンポンと浮かんできました。今回の件を通じて、救命講習はやっておくべきだと強く感じました」としている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.