アサヒディードが「大阪みどりのトラスト協会」に寄付金贈呈

募金贈呈式関西で多店舗展開するアサヒディード(板倉行央社長)は9月3日、自然環境保全を行う公益財団法人「大阪みどりのトラスト協会」に、11万6264円を寄付した。寄付金は、平成19年から社会貢献活動の一環として取り組んでいる「グリーンアップキャンペーン」を通じて行われ、今回で8年目を迎える。
 
同社会議室で行われた寄付金贈呈式には、トラスト協会の白井武事業マネージャーが出席。板倉孝次副社長より寄付金の目録が手渡された。白井マネージャーは「頂いた募金は、森林作りや府民の緑化活動、里山保全活動などを行うボランティアの養成講座などに活用させていただきます」と述べ、アサヒディードへ感謝状を贈った。これに対して、板倉副社長は「グリーンアップキャンペーンのボランティア活動も今年で8年目。緑化活動は普段皆様に見えにくい活動ですが、今後も継続して活動に取り組み、『環境に優しい活動』と『社会を豊かにする活動』を実施し、社会的責任を果たすと共に、皆様に必要とされる企業を目指します」とあいさつを述べた。
 
寄付金は経営ホールの店頭や本部に設置した募金箱や、各店舗で景品として提供した「花の種」の収益が充てられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.