アサヒディードがスペシャルオリンピックスでボランティア活動

集合写真大阪市の桃山学院大学で8月7日に行われた「2016年スペシャルオリンピックス日本・大阪 水泳競技会」で、アサヒディード従業員がボランティア活動をおこなった。この水泳競技会は、知的障がいのあるアスリートの自立性と社会性を高めるとともに、障がい者とボランティアスタッフが大会を通じて交流し、理解を深めることを目的としたもので、アサヒディードでは2001年から継続的に参加している。
 
今年は大阪をはじめ滋賀や奈良など遠方からの参加者も多く、大会には110名のアスリートと100名のボランティアが参加した。アサヒディードの従業員は例年通り、地元の学生や他企業のスタッフ、大会役員などと協力しながら、選手招集や誘導、表彰準備といった大会運営補助に汗を流した。アサヒディードでは、「今後もこのような活動を通して、一人でも多くのアスリートのサポート・支援をさせて頂ければ」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

20180801_Player

パチンコ実機をオンラインで遊べる「nicohan」のベータ版が初公開

2018/12/28

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年1月号

2019-1
主な記事:

女性社員を対象にしたキャリアパスの複数化など昇進制度の柔軟な見直しを
ホール企業で拡がる女性管理職育成制度

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年12月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.