アサヒディードがスペシャルオリンピックスの運営をサポート

大会後の記念撮影大阪市の桃山学院大学で8月5日に行われた「2018年スペシャルオリンピックス日本・近畿ブロック水泳競技会」に、アサヒディードの従業員4名がボランティアとして参加した。スペシャルオリンピックスとは、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングと、その成果発表の場を提供する国際的なスポーツ組織で、各種大会を通して競技者の自立性と社会性を高めることを目的に毎年開催されている。アサヒディードでは社会貢献活動の一環として2001年からボランティアとして大会をサポートしている。
 
当日の大会にはアスリートをはじめ、ボランティア、コーチ、競技役員、応援団など総勢590名が参加。同社従業員4名は、大学生や他企業のボランティアたちと協力しながら、競技終了後の選手招集や、表彰式の準備などに汗を流した。
 
アサヒディードは水泳競技会のほかにも、リレーマラソンやボウリング競技会、サッカー大会など、年間を通してスペシャルオリンピックスにボランティアとして参加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

新型肺炎感染拡大で業界内イベント延期・中止相次ぐ、新台納品に影響も

2020/2/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年3月号

主な記事:

解釈が揺れる「等」の文字が追加された意味合い
迷走する「ATM等の撤去等」問題 立場の違いによる対立の構図浮き彫りに

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.