アサヒディードが児童養護施設へクリスマスプレゼント

大阪府のホール企業アサヒディードの板倉行央社長は12月21日、大阪府茨木市にある児童養護施設「慶徳会 子供の家」で開かれた「ドリームフェスタ」を訪れ、施設に入っている子ども達へ、図書カードやクリスマスプレゼントを贈った。慶徳会のクリスマス会には2006年から訪問しており、今年で8回目(2009年はインフルエンザの流行により中止)となった。
 
「子供の家」は様々な理由によって養護を要する児童を家庭にかわって預かる施設で、現在53名の子どもが在籍している。一人一人の個性を認め、それぞれの自己実現を追求しながら心豊かな社会人として自立できるようにサポートする施設の取り組みに同社が共鳴し支援を続けている。
?
当日は、施設に到着すると、元気いっぱいに子ども達が走り回り、プレゼントを渡すと「今年もありがとうございます」とお礼を言ったという。その後は廊下に掲示されている子ども達の絵や舞台を観賞したり、輪投げやミサンガ作りに挑戦している姿を見て回ったほか、この1年間の行事や活動について話を聞くなどした。
?
同社では「施設では、みんな仲良く家族のようでした。子ども達の成長を楽しみに今後も慶徳会との関係を大切にしていきたい」としている。
?
図書券とフ?レセ?ントを贈呈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.