アサヒディードが被災地3県に30万円を寄付

大阪府のホール企業・アサヒディードは、東日本大震災で被災した宮城、福島、岩手の3県に対して30万円を寄付した。

寄贈先は宮城県保健福祉部子育て支援課「東日本大震災みやぎこども育英募金」、福島県保健福祉部児童家庭課「東日本大震災ふくしまこども寄附金」、岩手県復興局総務課「いわての学び希望基金」の三カ所で、それぞれ10万円ずつ贈った。

同社では、震災発生の2011年から被災した子どもたちへの支援活動を継続。これまでの寄付金総額は1811万1440円に上っている。同社では「被災地の子どもたちが震災前に抱いていたそれぞれの夢をあきらめることなく、着実に前に進んいけるように、これからも息の長い支援を続けていきます」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.