アサヒディードの社員等がブナの保全活動に参加

6月1日、大阪府のホール企業・アサヒディードがグリーンアップキャンペーンの一環として行っている大阪府貝塚市での和泉葛城山のブナ保全活動に、同社の社員とその家族28名が参加した。グリーンアップキャンペーンは、2008年から開始している同社の環境保全活動の一つで今年で7年目。保全活動には、緑の募金で毎年、寄付を行っている「公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会」が協力している。
 
和泉葛城山は、山頂北側の斜面にブナの天然林が広がる標高858メートルの山。ブナは本来冷涼な気候帯で生育するが、ここのブナ林は生育の南限に近く、さらに八大竜王社の社有林として伐採を禁じられていた。そのため、奇跡的に残っていたという理由で1923年に国の天然記念物に指定されている。
 
当日は30度を超える蒸し暑い1日となったが、参加者はおよそ3時間にわたって急斜面での杉・ヒノキの除伐作業や、植樹、下草刈りに汗を流した。参加者からは「普段、なかなか触れることができない大自然の中で、リフレッシュすることができた」といった声が寄せられたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.