アサヒディードの社員等がブナの保全活動に参加

6月1日、大阪府のホール企業・アサヒディードがグリーンアップキャンペーンの一環として行っている大阪府貝塚市での和泉葛城山のブナ保全活動に、同社の社員とその家族28名が参加した。グリーンアップキャンペーンは、2008年から開始している同社の環境保全活動の一つで今年で7年目。保全活動には、緑の募金で毎年、寄付を行っている「公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会」が協力している。
 
和泉葛城山は、山頂北側の斜面にブナの天然林が広がる標高858メートルの山。ブナは本来冷涼な気候帯で生育するが、ここのブナ林は生育の南限に近く、さらに八大竜王社の社有林として伐採を禁じられていた。そのため、奇跡的に残っていたという理由で1923年に国の天然記念物に指定されている。
 
当日は30度を超える蒸し暑い1日となったが、参加者はおよそ3時間にわたって急斜面での杉・ヒノキの除伐作業や、植樹、下草刈りに汗を流した。参加者からは「普段、なかなか触れることができない大自然の中で、リフレッシュすることができた」といった声が寄せられたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.