アサヒディード社員がボウリング大会にボランティア活動

ボランディア活動を行ったアサヒディードの社員と家族9月25日、大阪市のイーボウルで行われた「EKSデー交流ボウリング大会」にアサヒディードの社員6名とその家族2名がボランティアとして参加した。この大会は「知的障害のある人と共にスポーツを楽しむ」ことを目的に、認定特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス(SO)日本・大阪が主催しているもので、大会にはアスリート、ボランティア合わせて83名が参加した。
 
ボーリング大会は、障がいのあるアスリートを含め、2〜3名を一チームに分けて各レーンで実施。より多くのピンを倒してスコアを競うルールではなく、「申告得点」と「スコア」との差をもって競い合った。「ストライクやガーターに一喜一憂しながらスポーツを通じて気持ちが通じ合う大切な時間を過ごさせて頂きました」(同社広報)。大会終了後には上位三チームの表彰や申告しているスコアとの差が少ないアスリートに対して表彰が行われ、記念バッチやお菓子、SO特製の双眼鏡などがプレゼントされた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.