アサヒディード社員らが、ブナの保全活動に参加

アサヒディードグリーナップキャンペーン大阪府貝塚市で行われた和泉葛城山のブナ保全活動に、大阪府のホール企業・アサヒディードの社員とその家族25名が参加した。この取り組みは同社の環境保全活動であるグリーンアップキャンペーンの一環として2008年から始めたものだが、ここ数年は好天に恵まれず、今回は2015年6月以来、約3年半ぶりの活動となった。
 
和泉葛城山ブナ林は、貝塚市蕎原と岸和田市塔原にまたがる和泉葛城山(標高858メートル)の北斜面に広がる原生林で、岸和田市域と合わせて約8ヘクタールが、大正12年(1923年)に国の天然記念物に指定されている。
 
この保全活動には、同社が毎年寄付金を贈呈している公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会も全面的に協力しており、当日はアサヒディードの板倉孝次社長も、社員らとともに杉・ヒノキの除伐作業や、植樹、下草刈りなどに汗を流した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.