グランド商事・アドバンスが環境保全活動にボランティア参加

グランド商事植林香川県高松市のグランド商事・アドバンスは11月12日、同県まんのう町で開催された第22回「山・林・SUN体験」ボランティアに、従業員の有志5名で参加。集まった約100名のボランティアとともに5年前に植えた山桜の苗木周辺の草刈りを行うなどした。
 
同社は、京都議定書の第一約束期間が始まる2008年に先立ち、温室効果ガスの排出削減に少しでも貢献しようと、節電に加えて地元に還元できる活動を模索。同社が経営する「パーラーグランド宇多津店」近くで環境保全活動を展開するオイスカ四国支部の活動を知り、ここへのボランティア参加を始めた。
 
オイスカ四国支部では2010年から5カ年計画で2.5ヘクタールに7500本の山桜を植え、山林火災による消失や、松枯れした場所などに緑を呼び戻す「尾の瀬山・オイスカ憩いの森」を展開。計画終了後は「山・林・SUN体験」と題して、憩いの森を育てる活動に移行しており、グランド商事・アドバンスも引き続き環境保全活動と社会貢献活動の一環として、ボランティア参加している。
 
当日の草刈りは1時間程度で終了。これまでに植林され、そして手をかけられてきた山桜の成長を間近で確認した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.