サンティアが老人パチンコ大会で38名のお年寄りを招待

DSCF5708長野県のホール企業・サンティアが経営する「遊パークパチンコゾーン」は9月12日、敬老の日に先だって恒例の老人パチンコ大会を開催。地元の特別養護老人ホーム施設「紅林荘」「アイリス」「恋月荘」の3施設から38名のお年寄りを招待した。この取り組みは同社の社会貢献活動の一環として、平成17年から毎年実施されているもので、今回で12回目。
 
店休日を利用して行われたパチンコ大会は、店舗の一部を開放して行われ、時間内で出玉を競いながらも、遊技を通じて玉やデジタル、役モノの動きなどパチンコの魅力を楽しんだ。終了後は各施設から出玉数によって金賞1名、銀賞1名、他全員を銅賞として表彰され、手作りの賞状やメダル、ひざ掛け、お菓子などがプレゼントされた。参加者からは「楽しかった」「明日もまた来たい」「来年も来るよ」といった声が寄せられた。大会運営には同店および系列店舗スタッフが前日から応援に駆けつけ、店内装飾やイスの取り外しなどサポートに徹した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.