ダイナム、サンスリーと「CRAGO!GO!マリンDS」を共同開発

_dynam_GOGO切り抜き遊技場経営大手の㈱ダイナムでは、このほどサンスリーと「CRA GO!GO!マリンDS」の共同開発を行い、8月3日から経営339店舗に、合計1,000台を順次導入すると発表した。
 
同社はこれまでにも傘下ホールの膨大な遊技データを基に、一部メーカーとファン目線に立った遊技機の共同開発を進めてきた。今回の新機種も「誰もが気軽に楽しめる甘デジタイプの機種」「パチンコファンからの支持が多い海フレンズ機として、いつでも楽しめる多彩な演出」をコンセプトに、甘デジタイプとして安心して誰にでも楽しめる仕様となっている。また、親しみのあるキャラクターと様々な演出でゲーム性が拡大されているのも特徴。
 
遊技機概要は大当たり確率が低確率時1/99.902、高確率時1/66.873、確変タイプ=突入50%(ST80回)、賞球数3&2&5&10&9、ラウンド=5R・6R・16R・電サポ回数=30・50・80回となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.