ダイナム、サンスリーと「CRAGO!GO!マリンDS」を共同開発

_dynam_GOGO切り抜き遊技場経営大手の㈱ダイナムでは、このほどサンスリーと「CRA GO!GO!マリンDS」の共同開発を行い、8月3日から経営339店舗に、合計1,000台を順次導入すると発表した。
 
同社はこれまでにも傘下ホールの膨大な遊技データを基に、一部メーカーとファン目線に立った遊技機の共同開発を進めてきた。今回の新機種も「誰もが気軽に楽しめる甘デジタイプの機種」「パチンコファンからの支持が多い海フレンズ機として、いつでも楽しめる多彩な演出」をコンセプトに、甘デジタイプとして安心して誰にでも楽しめる仕様となっている。また、親しみのあるキャラクターと様々な演出でゲーム性が拡大されているのも特徴。
 
遊技機概要は大当たり確率が低確率時1/99.902、高確率時1/66.873、確変タイプ=突入50%(ST80回)、賞球数3&2&5&10&9、ラウンド=5R・6R・16R・電サポ回数=30・50・80回となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.