ダイナム、サンスリーとの共同開発機「CRAドラム海物語77DS」を1,000台導入

cra%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%a0%e6%b5%b7%e7%89%a9%e8%aa%9e77dsホール大手のダイナムは、サンスリーと共同開発したプライベートブランド機(PB機)「CRAドラム海物語77DS」1,000台を、8月21日から全国で展開しているダイナムジャパンホールディングスグループ(DYJHグループ)の店舗に順次導入していくと発表した。

PB機のスペックは通常の大当り確率が1/77.7、15R比率を25%。初当りまでの初期投資を抑え、大当りを体感しやすい設計を基本ベースにしながら、「休日は朝からゆっくりと、平日は仕事帰りに短時間で楽しみたい」といった、来店客の「生の声」を開発コンセプトに盛り込んだ。また、分かりやすさを意識した演出・ゲーム性もPB機の大きな特徴で、初心者にも親しみやすく、飽きずに何度でも楽しめる遊技機を目指した、としている。

同社では、今後も膨大な遊技データに基づいて、ファンの視点に立ったより楽しめる遊技機の開発を、メーカーと共に提供していく、としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.