ダイナム、サンスリーとの共同開発機を順次導入

ダイナムは5月30日から、サンスリーと共同開発した「CRAヤッターマンDS」をグループ全体の398店舗で順次導入した。
開発コンセプトは、大当たりを体感しやすい甘デジタイプでシンプルで分かりやすいゲーム性を追求。海物語やわんわんパラダイスで登場するリーチアクションを採用している。

スペックは以下の通り。
大当たり確率 1/69.9(低確率)、1/39.9
確変タイプ  突入50% 継続60%
賞球数    4&1&3&6&7
ラウンド   実質4・5・15R
電サポ回数  15回or次回まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.