ダイナム、全404店舗に自己申告プラグラムを導入

ホール企業大手のダイナムは、パチンコ・パチスロ依存(のめり込み)問題への対応として、7月3日から経営全404店舗で自己申告プログラムを導入したと発表した。6月から61店舗で先行導入していた結果を踏まえ、今回の一斉導入に踏み切った。

自己申告プラグラムの導入について同社では「お客様がパチンコ、パチスロにのめり込むことを未然に防ぐ効果があると考えています。全店での導入により、お客様が最適な楽しみ方をできるよう、一人ひとりをサポートしていきます」とコメント。今後も依存問題に真摯に向き合い、自主的かつ積極的に様々な取り組みを行っていく、としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

国会議事堂

政府がギャンブル等依存症対策推進基本計画を閣議決定

2019/4/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年5月号

2019-5
主な記事:

中規模店舗も減少傾向に 規模の大小問わず厳しい展開へ
遊技場数は23年連続で減少 減少率も拡大し業容の縮小に一層の拍車

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.